案外むずかしいカーネーションのその後

カーネーションを大切に育てたい・・




母の日にいただいたカーネーション



カーネーション3


おはようございます。
ご訪問ありがとうございます!

さて、5月の母の日にいただいたカーネーションの鉢植え。

お花屋さんの鉢のままでは、窮屈だろうと思いまして、
2-3日後に、新しい土を入れた一回りほど大きい植木鉢に植え替えました。


カーネーション2



そして日光に当てた方がいいだろうと、
庭先に出しておいたのですが、
今一つ元気がありません。



雨に打たせるのはよくないらしいが、水やりは大切


そこで、カーネーションの育て方を、ウェブサイトやyoutubeなどで調べてみたところ、
どうも雨が当たりっぱなしといった環境はよくないようです。

水はたっぷり与えていいというコメントが多いのですが、
雨に当たりっぱなしは行き過ぎらしいです。

今はまさに梅雨ですから、降り続く場合は、軒下に入れています。



花がら摘みと、咲かないつぼみ


さて、私も気付いてはいたのですが、カーネーションのつぼみの中には
どうもずっと咲かないものがあるようなんです。

これは摘んでしまった方がいいようですね。

ある園芸家の方は、

触ってパフパフしているつぼみ
つまり中に何も入ってなさそうな感触のつぼみ

これらは取ってしまいましょう
ということでした。

なるほどねえ。つぼみの様子をよく見ないといけないんですね。



夏をうまく越せれば、秋にもういちど咲くらしいです


カーネーションは、5月の母の日の印象が強いので
春にしか咲かないのかと思っていましたが、
うまく育てれば、秋にも咲くそうです。



水やりや日の当て方がむずかしい

水が好きだということで、雨がいいのかと思ったら、
雨ざらしはNGらしい。

日光が好きということでしたが、夏の強い日差しはよくないらしい。

などなど、微妙なところで勘違いしやすい。
この辺がうまくいかないと、秋にもういちど咲くというわけにはいかないんでしょう。


切り戻しも必要とのこと

そして、そろそろ今ぐらいの時期に切り戻しをして風通しをよくするとよいようですが、
自信ないです。

ネット情報では、ばっさり、下から2節程度を残して切り戻すと書いてありますが、
そんなに切るのはこわいような。


できるだけ秋にも咲かせたいなあ

せっかくいただいたカーネーション。
大事にして、秋にも咲かせたいなあと思います。

しかし、コツをつかむまではちょっと時間がかかりそう。
水は多すぎず、少なすぎず。

日光には当てるけれど、真夏の強烈な日差しはよくない。

この辺がむずかしい。

そして切り戻して、風通しをよくすること、ですね。

頑張ってみたいと思います。





ではでは。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ


関連記事
スポンサーサイト



 512serendipity
Posted by 512serendipity